防水工事、シート防水、塗膜防水、勾配防水、緑化防水など戸建住宅からビル、マンションまで防水工事のことなら中部レキセイへ

防水工事

  • HOME>
  • 防水工事

防水工事はどんなによい材料を使っても、建物の構造に合わない工法では全く機能しません。

防水層は、絶えず赤外線・雨・風等による影響を受けているため、年月と共に劣化していきます。
建物の老朽化は、通常10年を過ぎた頃から急速に進み始めます。
皆様の大切な資産である建物を守るために、定期的・計画的な防水改修をお勧めします。

コストを抑える、防水改修のポイント

防水工事は適材適所 適した材料を適した箇所に施工してこそ、性能が発揮されます。

コストを抑える、防水改修のポイント

こんな状況放置していませんか?「雨漏りしたから、改修しよう」「まだ、雨が漏ってないから大丈夫!」は大間違い!雨が漏ってからでは手遅れです!

雨が漏ってしまうと、天井や壁のクロスを張り替えるなど、余分な費用がかかってしまいますが、実はそれだけではありません。一旦防水層に雨水が潜ってしまうと、防水層を剥がし取って補修をするため、余分なコストが発生します。更に、その材料を廃棄するための処分費まで余分にかかります。また、今ある防水層に新しい防水層を上からかぶせて施工するのに比べ、全くなしの状態に戻してから新たに防水をする場合では、新設の防水にかかるコスト自体も高くなり、改修費用がより多くかかります。

雨漏りする前の改修が、最も改修コストを安くするポイントです。見た目は大丈夫でも、そろそろ10年!なら、プロのチェックを受けましょう!!

防水工事の種類・工法のご紹介

防水工事の原則は、『適材適所』といわれていて、施工個所よって適した材料・工法が異なります。 特に改修工事の場合は、施工個所と工法の相性がその後の防水性能を維持する上で最も重要です。 防水改修は「どんな防水がしたいのか」ではなく「皆様の建物に建物には、どんな工法が適しているのか」を選択することからはじまります!
ここでご紹介する工法は、一般的に広く採用されている工法ですが、皆様の建物にとって、どんな改修方法が適しているかは、一概にはいえません。建物のつくりは多種多様で、全てが違う形をしているので、それぞれの建物に適した工法は異なります。
「皆様の建物にとって適した防水は何か?」プロによる正しい診断を受けてみましょう!

アスファルト系防水
熱アスファルト防水 施工場所 : 屋上等
熱アスファルト防水 施工場所 : 屋上等

防水の中で、最も実績と信頼をもった防水工法ですが、溶融釜でアスファルトを溶かしながら施工するので、ビル・マンションの屋上や、公共の建物等、大規模な面積での施工を主とします。

アスファルトとルーフィングを交互に何回も積層し、連続した皮膜を形成します。

新築の建物で多く採用されます。

■BANNKS工法
■BANNKS工法 施工場所 : 屋上等

アスファルト防水の改良型で、信頼性が高く、小面積にも対応可能です。

改質アスファルトを含浸させた分厚い改質アスファルトシートをバーナーで焙りながら接着します。防水性能の高さと、優れた耐久性を発揮します 。

次回改修時には撤去せず、同質のアスファルトを被せて施工できるので、ライフサイクルコストの低減ができます。

■改質アスファルト防水(トーチ工法) 施工場所 : 屋上等
■改質アスファルト防水(トーチ工法) 施工場所 : 屋上等

溶融釜を使用しないで、本格的なアスファルト防水を再現した工法です。

予めシートの裏面にアスファルト層が設けており、バーナーでアスファルト層を溶かしながら貼り付けます。
流れ出た大量のアスファルトを専用工具で転圧し、ジョイント部の隙間を確実に埋めるため、水密性に優れます。

次回改修時には撤去せず、同質のアスファルトを被せて施工できるので、ライフサイクルコストが低減できます。

熱アスファルト防水 冷工法 施工場所 : 屋上・勾配屋根
熱アスファルト防水 冷工法 施工場所 : 屋上・勾配屋根

アスファルトシートの裏面に自着層が付いているため、火気を用いらずに施工することが可能な工法です。

使用箇所は限定されますが、火気を使用せず、臭気の発生が全くない、環境に配慮した工法です。

シート防水
塩ビシート防水 施工場所 : 一般屋上・バルコニー・共用廊下
塩ビシート防水 施工場所 : 一般屋上・バルコニー・共用廊下

接着工法・機械固定工法などがあります。

特殊顔料を配合し太陽光高反射性能を付与したシート、及び、遮熱性能を付与させたトップコートを表面に塗布することもでき、夏季における屋上表面温度を下げる効果が期待できます。

機械固定工法は、下地撤去が不要な場合が多いため、改修工事で多く採用されています。

加硫ゴムシート防水 施工場所:一般屋上・ALCパネル屋根等
加硫ゴムシート防水 施工場所:一般屋上・ALCパネル屋根等

ゴムシートは、比較的安価な防水材料で、小規模面積で、新築時に採用されることが多い工法です。

追従性・柔軟性に優れています。接着性の低下、ジョイント部の口空きが、経年劣化により起こります。

改修時には、全面撤去してから、新規防水を施すことが必要です。

長尺シート
■長尺シート 施工場所:バルコニー共用廊下

主に、マンションやアパートなど集合住宅のベランダ・共用廊下の床面に施工します。
防水性や歩行性の向上だけでなく、古くなったベランダや共用廊下の美観性・質感の向上にも効果があります。

塗膜防水
ウレタン防水 施工場所 : 屋上・バルコニー
ウレタン防水 施工場所 : 屋上・バルコニー

絶縁工法(X-1工法)・メッシュ入れ工法(X-2工法)・メッシュ工法などがあります。

工法により性能が多分に異なるため、施工場所による工法の使い分けが重要です。
絶縁工法(X-1工法)は、建物の挙動の影響を受けにくく、ジョイントのない一連の防水層を形成するため、亀裂・剥がれのない、信頼性の高い防水工法です。 建物のクラックや、躯体に含まれた水分の影響を受けにくい絶縁工法は、汎用性が高く、改修工事で多く採用されています。次回改修時には塗り増しが可能なため、ライフサイクルコストの軽減が図れます。

FRP防水 施工場所 : バルコニー・プール
FRP防水 施工場所 : バルコニー・プール

水密性が高く、強靭な防水層を形成するため、歩行頻度が高い箇所での採用が好まれます。ただし、防水材としての伸縮性は他の防水材よりも低いため、大面積での施工には不向きです。

改修時の塗り重ねが可能で、一般住宅のバルコニーでの施工が主流の防水です。

勾配屋根
シングル 施工場所 : 勾配屋根
シングル 施工場所 : 勾配屋根

局面や変形に対応可能で、自由な形の屋根がつくれます。

屋根設計に自由度をもたらす、法定不燃材の屋根材です。 意匠性を重視した建物での採用も多くあります。

屋上緑化

軽量かつ保水性・通気性を追求した環境型緑化システム。近年では、環境配慮を重視される企業様、屋上庭園を希望されるお客様からのご採用が増えています。

屋上緑化 施工場所 : 屋上・バルコニー等

軽量かつ、保水性・通気性を追求した環境型緑化システム。
近年では、環境配慮を重視した企業様、屋上庭園を希望される個人のお客様からのご採用が増えています。

幅広いニーズに答える2つの緑化システム
景観を重視したインテンシブ(管理)型緑化と、ローコストでメンテナンスも簡単なエクステンシブ(省管理)型緑化の2タイプがあり、屋上緑化の目的や条件に合わせて選択することができます。

インテンシブ型緑化

インテンシブ型緑化 インテンシブ型緑化

完成時の景観をより重視し、緑化の持つ機能に高い意匠性をプラスした緑化システムです。さまざまな植栽の選択が可能で、徹底した管理により庭園や公園など大規模なクリーンイメージを屋上につくりだしていきます。

エクステシブ型緑化

エクステシブ型緑化 エクステシブ型緑化

自然に近い状態にある植物の生命力を利用し、緑化の持つ機能を低管理で発揮させます。植栽できる草花類は限定されますが、ローコストでメンテナンスの簡便さが特徴のシステムです。

緑化システムによるメリット!!

緑化システムによるメリット!!

遮熱効果 ・・・
屋上緑化によるクールダウン効果で、夏季の冷房費の節約に役立ちます。
直下のフロアーでは、約2℃の低下が見込め、省エネ効果が期待できます。
保護層機能・・・
屋上面での温度差が激しいと、コンクリートの膨張・収縮によって、建物劣化を招きます。
屋上緑化により、建物の耐久性が向上し、ライフサイクルコストが削減されます。
ヒートアイランド現象の抑制・・・
緑化された屋上から水分が蒸発することで、地表の熱が奪われ、冷却効果をもたらします。
地球レベルで問題になっている温暖化現象の抑制に貢献できます。
水害防止 ・・・
コンクリートやアスファルト面の多い都市部では、雨水の急激な流出による洪水が問題視されています。
屋上緑化は、雨水を一旦取り込み、集中的な排水を抑える効果があります。
ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお電話ください! 平日9:00-18:00

フリーダイヤル 0120-309-325

ご相談・お見積り

防水工事、塗装工事の中部レキセイは愛知県、名古屋市、岐阜県、三重県を中心に防水、塗装工事を行う専門業者です。現地調査、見積り無料。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-309-325

>>当サイトのご利用にあたって