外壁の修繕は早期の劣化対策が大切です。愛知県春日井市の中部レキセイはくクラック補修やシーリング工事をはじめ外壁の躯体修繕工事に対応いたします

外壁修繕工事

  • HOME>
  • 外壁修繕工事

早期の劣化対策が、建物の老朽化を防ぐポイントです。

建物は10年を迎えた頃から、劣化の進行が現れます。そのまま放置してしまうと、加速度的に劣化が進み、建物躯体を傷つけ弱らせ耐震強度を低下させてしまいます。

早期の外壁修繕は、建物の末永い健全化にも、改修コストの軽減にも高いメリットがあります。
現地調査・お見積り無料です!!

早期の劣化対策が、建物の老朽化を防ぐポイントです。 早期の劣化対策が、建物の老朽化を防ぐポイントです。
CHECK こんな症状が現れたら、建物の劣化が進行しています!

建物の劣化を放置しておくと、躯体強度に深刻なダメージを与えることになります。
皆様の大切な建物の資産価値を維持するには、早期発見、早期修繕が効果的です。

症状をチェックしてみましょう!

大切なのは、それぞれの劣化症状に合わせた適切な修繕方法

大切なのは、それぞれの劣化症状に合わせた適切な修繕方法

外壁修繕工事の本来の目的は、建物の外観をきれいにすることではありません。
経年変化により劣化が進み始めたコンクリート躯体を保護し、劣化の進行を食い止め、耐震強度の維持が本来の目的です。
外壁修繕は予算の都合上軽視されがちですが、建物本体を守るためにとても重要な役割を果たしています。
決して安易な改修方法を選ばず、必ず適切な躯体修繕を行った上で、塗装工事・防水工事を進めましょう。

※画像をクリックすると詳細がご覧いただけます。

外壁のクラック補正(Uカットシールj工法)

爆裂は、コンクリート内部の鉄筋が酸化してサビが発生し、そのサビがコンクリートを圧迫して表面が崩れてしまうことによって起こります。 剥き出しになった鉄筋の防錆処理をした上で、樹脂モルタルで補修します。

1.Uカット ■クラック補修 2.プライマーの塗布 ■クラック補修 3. シーリング材の充填 ■クラック補修 4.エポキシ樹脂の充填
1.Uカット 2.プライマーの塗布 3.シーリング材の充填 4.エポキシ樹脂の充填
外壁のクラック補修 (エポキシ樹脂注入工法)

幅が0.2舒幣1.0侈にのひび割れの補修をする工法です。微細なひび割れにも注入が可能で、ひび割れによって分断されたコンクリートやモルタルを一体化し、耐力を復元します。

1.下地処理 ■外壁のクラック補修 (エポキシ樹脂注入工法) 2.座金の取り付け・ひび割れ部のシール ■外壁のクラック補修 (エポキシ樹脂注入工法) 3. シリンダーの取り付け(注入) ■クラック補修 4.シリンダ−・座金・シールの除去
1.下地処理 2.座金の取り付け・ひび割れ部のシール 3.シリンダーの取り付け(注入) 4.シリンダ−・座金・シールの除去
タイル・モルタルの浮き補修 (アンカーピンニング注入工法)

浮きのある部分に、ステンレスピンを埋め込み、エポキシ樹脂を注入し、固定します。

1.穴あけ ■クラック補修 2.孔内の清掃 ■クラック補修 3. エポキシ樹脂の注入 ■クラック補修 4.アンカーピンの挿入
1.穴あけ 2.孔内の清掃 3.エポキシ樹脂の注入 4.アンカーピンの挿入
シーリング工事 (撤去打ち替え工法)

劣化したシーリング材を取り除き、新たにシーリング材を充填します。

1.シーリングの撤去 ■クラック補修 2.プライマーの塗布 ■クラック補修 3. シーリングの充填 ■クラック補修 4.アンカーピンの挿入
1.シーリングの撤去 2.プライマーの塗布 3.シーリングの充填 4.仕上げ
欠損部・鉄筋爆裂の補修 (樹脂モルタル充填工法)

爆裂は、コンクリート内部の鉄筋が酸化して錆が発生し、その錆がコンクリートを圧迫して表面が崩れてしまう事によって起こります。剥き出しになった鉄筋の防錆処理をした上で、樹脂モルタルで補修します。

1.はつり出し ■クラック補修 2.錆止め材の塗布 ■クラック補修 3.エポキシ樹脂の充填  
1.はつり出し 2.錆止め材の塗布 3.エポキシ樹脂の充填  
外壁修繕が完了したら、塗装工事で美観を整えることで、新築当時の美しく健全な建物が再現されます!

躯体修繕の完了後に塗装工事で美観を整えることにより、新築当時の美しく健全な建物を再現します!

塗装工事はこちら

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお電話ください! 平日9:00-18:00

フリーダイヤル 0120-309-325

ご相談・お見積り

防水工事、塗装工事の中部レキセイは愛知県、名古屋市、岐阜県、三重県を中心に防水、塗装工事を行う専門業者です。現地調査、見積り無料。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-309-325

>>当サイトのご利用にあたって