ビル、マンションの外壁修繕工事、改修工事などビル管理維持費の削減のお手伝い、見積りは無料ですまずはお気軽にお問い合わせください

ビル・マンションオーナー様

  • HOME>
  • ビル・マンションオーナー様

維持費のコスト削減、建物の美観維持には、定期的な修繕計画を!

建物は10年を迎える頃から、劣化の症状が現れます。入居率を考えながら、改修コストを抑える秘訣は、早めの修繕と定期的なメンテナンスです。

そろそろ築10年の建物なら、雨漏りする前にご相談ください。
資格を持った診断士が、建物の劣化状態を調査した上で、最も効率のよい改修方法のご提案・お見積りを提出いたします。
現地調査・お見積り無料です!!

before after

改修時期の目安

改修時期の目安

CHECK!こんな症状が出始めたら要注意! CHECK!こんな症状が出始めたら要注意! 雨が漏ってからの改修工事では、余分なコストがかさみます。

・ 室内への雨水の侵入により、天井や壁紙の張り替え工事が必要となります。
・ 入居者の家財道具が損傷した場合は、修理費などの問題も発生します。
・ 雨水が防水層へ浸入してしまうと、雨水を抜く作業や、防水層を剥がすなど、余分な作業が発生します。
・ 防水層を剥がし取った場合、その材料の廃棄処理費用がかさみます。
・ そのまま現在の防水の上に新しい防水を重ねて施工するより、剥がし取ってしまった場合は、新規の防水仕様をグレードアップしなくてはならない場合が発生します。

維持コスト削減なら!

「築10年、そろそろ改修の時期なのかな?」と思ったら、とりあえず、防水の専門家による、現地チェックを受けてみましょう。現状の防水層の劣化状態を正しく確認した上で、必要な修繕工事を行うことで、改修コストの大幅な削減が可能です。

改修コスト

当社では一時的な改修費用だけでなく、次回の改修工事も見据えた上でのご提案をしております。たとえ今回の改修コストが安くすんでも、次回の改修工事を迎えるまでに メンテナンス費用が多額になることや、次回の改修工事で費用がかさむことも多々あるので、目先の金額だけで考えるのは禁物です!!

施工のポイント

屋上・ルーフバルコニー・エントランス屋根防水
屋上・ルーフバルコニー・エントランス屋根防水

改修工事は新築工事と異なり、現在の防水層や建物の状況に応じて、工法・仕様を選択する必要があり、どの工法が適しているかは、材料の良し悪しだけでは判断できません。
施工個所、それぞれの劣化状況により工事仕様を選定しますので、施工技術だけでなく、知識と経験による工法の選択が必要です。

バルコニー・共用廊下
バルコニー・共用廊下

バルコニーや共用廊下は日常生活の中で頻繁に使用される場所なので、劣化や損傷などが顕著に現れます。改修時には、防水性だけでなく、歩行性・美観性の向上も考慮し、床面に防滑性シートが施工されるケースが多くあります。

シーリング打ち替え
シーリング打ち替え

シーリング材が劣化すると伸縮機能を失い、表面がボロボロになり切れたり剥がれたりします。放置しておくと、そこから雨水が侵入します。
劣化したシーリング材は撤去し、再度新しいシーリングを打ち直します。

外壁修繕工事
外壁修繕工事

外壁のヒビ割れや剥がれ等を放置しておくと、雨水が浸入して建物躯体の劣化を進行させたり、外壁のタイルが剥がれ落ちて大事故が発生する危険性もあります。
外壁補修は建物寿命を引き延ばすために重要な工事なので、外壁塗装を行う前にキチンとした修繕は欠かせません。

塗装工事
塗装工事

古くなった塗装は、撥水性・防水性が損なわれていきます。
外壁塗装の塗り替えは、美観性の向上だけではなく、建物本体の保護をする上でも重要な役割を果たしています。
外観の色合いのみではなく、塗装材の種類も考えて選択するのがベストです。

施工事例はこちらをご覧ください

施工事例

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお電話ください! 平日9:00-18:00

フリーダイヤル 0120-309-325

ご相談・お見積り

防水工事、塗装工事の中部レキセイは愛知県、名古屋市、岐阜県、三重県を中心に防水、塗装工事を行う専門業者です。現地調査、見積り無料。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-309-325

>>当サイトのご利用にあたって